違いを知ることが大切

プライベートブランドと聞いても、いまいちピンとこない方が多いでしょう。分からないことなどを解消することで、便利に利用することができるようになります。まずは、その特徴から探っていきましょう。ランキングも参考にすれば、安く買い物が楽しめます。

商品についてのQ&A

商品が売り切れになった場合は?

商品が売り切れてしまったら、再度入荷することが多いでしょう。ですが、数量限定の商品の場合は、入荷できないことがあります。予め、購入予定の商品の数量について調べておきましょう。

なぜ店舗によって商品の価格が違うの?

仕入れ販売を行っている担当者によって変わってきます。その為、販売店によって価格が変わってくるのです。担当者主体で販売を行っている場合は、同じ商品でも価格が異なる場合があります。

返品や交換は可能?

こちらも販売店によって対応が変わってきます。初期不良や欠品、破損などの場合は担当の方と相談することができるでしょう。また、返品や交換の相談をする場合は、購入時のレシートが必要になります。

クレジットは利用できる?

クレジットカードの利用は可能です。初めに利用できるクレジットカードの信販会社を調べておくと良いでしょう。クレジットカードを利用すれば、スマートな買い物が楽しめます。

ギフトカードなどは利用できる?

基本的にギフトカードや商品券、またはビール券やお米券などが利用できます。また、お釣りが出ない金券もあるので注意しましょう。中には利用できない金券も存在しています。

コンビニのプライベートブランドランキング

no.1

スイーツ

プライベートブランドと言えば、スイーツを思い浮かべる方も多いでしょう。最近では高級感溢れる、お手頃価格のスイーツが増えてきました。リッチな気分が味わえるスイーツが第一位にランクインです。

no.2

お酒

オリジナルのお酒が美味しいのに安いと人気を集めています。商品の中にはお得にケース購入できるものもあります。

no.3

ドリンク類

パックのドリンクが第三位にランクインです。お茶を中心として、高い人気を誇っています。量もたっぷり入っているので、学生から高い支持を集めています。

no.4

アイスクリーム

アイスクリームは大人から子供にまで人気の商品です。根強い人気で、第四位にランクインしています。種類が豊富にあるため、子供から大人まで大人気です。

no.5

コーヒー

最近ではプライベートブランドのコーヒーも購入できるようになっているのです。粉末やパック入りなど様々なタイプがあるので、好みの商品を購入すると良いでしょう。

基礎知識を身に付ける

電卓と財布

小売業者などが開発

プライベートブランドの場合は、一般的に小売業者や卸業者が商品の開発を行ないます。メーカーは商品開発には関わらずに、商品の製造のみを行なうのです。

差別化がしやすい

商品の企画と開発を小売業者や卸業者が行なうプライベートブランドの場合は、他社との差別化がしやすいのです。オリジナル商品も豊富に販売されているため、ここでしか買えないものを求めて購入者が増えています。

特定の場所でのみ販売

基本的に自社の小売店など、特定の場所でのみ商品を販売します。小売店やインターネットサイトなど、特定の場所でしか販売されていないので、注目を集めています。

知識を身に付ける

カート

安い理由

プライベートブランドがなぜ安いのかをお教えします。安い理由が分かれば、安心して利用することができるでしょう。安く提供できる仕組みが分かるようになります。

READ MORE
陳列棚

儲かる仕組み

格安価格で販売されているので、利益が出ているのか気になっている方もいるでしょう。プライベートブランドがなぜ利益を上げられるのか、ここで調べておきましょう。

READ MORE
店員

色々なメリット

プライベートブランドにはメリットがいっぱいです。消費者やメーカー、小売店とそれぞれにメリットがあります。商品が販売されるまでの流れについても勉強しておきましょう。

READ MORE
通販

料理の幅を広げよう

プライベートブランドの商品を購入してみたい方におすすめのページです。どのような商品があるのか分かれば、利用しやすくなります。人気の商品や、アレンジレシピなどをチェックしておきましょう。

READ MORE
広告募集中